やりたいことを事業にする

新規事業で成功している人は、自分に合わせて事業を選んでいます。
反対にいくつかチャレンジしても、うまくいかない人もいます。

そういった人の特長は「事業に自分を合わせている」点。

前者が自分の特性を見極めて仕事を選択しているのに対して、
後者は「利益」「採算性」を基準として仕事を選んでいるのです。

利益はとても重要です。
しかし、利益を第一条件として選ぶと迷います。

なぜなら儲かりそうなビジネスは、世の中に山ほど存在するのですから。

周囲の声よりも大事なこと。
それは「自分を土台とする」です。

私たちが24時間の大半を費やしている「事業のあり方」を見つめることが大切です。

自分のやりたいことをマネタイズする方法を考えるのです。
自分のやりたいことをマネタイズするためには勉強は必要でしょう。

しかし「自分のやりたいことを事業にする」という目的が前提にあるため、
それは苦にはならないはずです。

これを活かしたマネタイズに挑戦してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です