助成金・補助金にチャレンジしないのは勿体ない!!

起業にあたってクリアしなければならない課題のひとつが資金面です。

資金調達方法には主に次の6つの方法があります。
1.友人や知人、親族等
2.個人投資家
3.国民政策金融公庫(創業融資)
4.信用保証協会(制度融資)
5.ベンチャーキャピタルからの出資
6.助成金・補助金

私は自己資金で開業した後、会社の成長スピードを出すために銀行からの融資を受けています。
上記で言えば「4.信用保証協会(制度融資)」にあたります。

加えて本日は「6.助成金・補助金」にあたる公社で実施している「創業助成金」に申し込みをしました。
これは創業予定者または創業から間もない中小企業者等に対し、創業期に必要な人件費、事務所等賃借料、広告費等の経費の一部を助成してくれるというものです。
http://www.tokyo-kosha.or.jp/station/services/sogyokassei/

助成金は申請すれば確実にはいってくると計算できるものではありませんし、お金が入ってくるまでに時間と手間がかかりますが、
融資と違って返済の必要がないお金ですから非常に大きなメリットがあります。

チャレンジしないこと自体が勿体ないレベルのモノですから、私はこれからもどんどんチャレンジしていきます。

ご参考までに助成金に役立つサイトはこちらで情報収集をしています。

・Jnet21
http://j-net21.smrj.go.jp/snavi/support

・ミラサポ
http://www.mirasapo.jp/measure_map/index.html

融資も助成金もどちらも申込みにあたり申請書や事業計画書の作成などに非常に多くの時間がかかりましたから、
財務計画や事業計画書は常に見直して最新の状態にしておくことが凄く大切だと強く実感しています。

(最初の事業計画書の作成に数ヶ月かかってしまうほど大変でしたが、ツボとコツを掴みさせすればブラッシュアップを続けるのみです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です